上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は猫マッサージの本のご紹介です。
自分が肩こり首こりになってみると遅ればせながらつくづく自分だけじゃないんじゃないかという気持ちがわいてきました。
ケチャップ姫は21歳です。きっといろいろなところが若い頃とは違うと思います。
動物・・・人間も動物ですが・・・動物は我慢強いとよく聞きます。
肩こり?腰痛?寝違え?関節痛(これは実際あるようでたまに手足を激しく振ります。いろいろと試した結果今のところサプリメントで様子を見ています)
調子が悪かったり痛かったりしてもじっと耐えてめったに鳴きません。

うちのケチャップちゃんが一番鳴くといえば。
お出かけがなにより大嫌いでうちを出た瞬間から帰り着くまで声の限り鳴き続けます。
喉が渇くだろうし疲れるだろうと思ってなだめすかしますが全く聞く耳は持ちません。
それに周りの人に猫泥棒でもしているか猫虐待していると思われているんじゃないかと気が気じゃありません。
きっと病院かお引越しでのお出かけばかりで嫌な記憶ばかりなんじゃないかと思います。
申し訳ないやらですけどいまだよい案は見つかりません。

そうそうマッサージの話です。
マッサージを受けたことのある方はわかるかもと思いますがツボを押されるととっても気持ちいいです。
力任せじゃないんだよ!
要を得たというかツボとかリンパの流れとかどこがどこの筋肉と繋がってるとかが大事なんだよ!と思います。

それでこれを買っちゃいました。
フォックス先生の猫マッサージです。
ちなみにフォックス先生の犬マッサージの本もあります。
CIMG1125_convert_20140429123452.jpg

もちろん撫でてあげるだけでも十分リラックス効果、愛情表現、マッサージ効果などなどあるとは思いますが。
これを見るとマッサージをする上での自身の心の準備から、病気や老化などその子に適したマッサージ、病気の予防・病気の発見につながるなどのことが書かれています。

今では私の愛読書です。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://24niji.blog.fc2.com/tb.php/6-1a4445b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。